トップページ
パルスビームの導入効果(費用対効果)
パルスビームの有効性(効果確認)
パルスビームの測定方法
パルスビームの環境性
パルスビームの納入実績
パルスビーム 製品一覧
FAX注文用紙(PDF)
お見積りFAX用紙
パルスビームの導入効果
 
サイクルバッテリ-(電動フォークリフト、高所作業車、ゴルフカート、スイーパ-、電動車椅子等)
産業用バッテリ- (ビル、工場、ホテル、病院、展示場、通信局、コンピュータセンタ、水道局等)
スタータバッテリ-(小型UPS、バス、トラック、業務用乗用車等)
バッテリーメーカーは補助電源用バッテリーの待機寿命年数を 5~7年で設定しており、
劣化が進行する事で交換を薦めておりますが、中部電力の測定では10年経過するころから
液温の上昇が始まり、 劣化が進むといわれています。
液温の上昇の原因がサルフェーションの付着により過充電状態に なる事が分り、
サルフェーションはバッテリーの放電時に希硫酸 と鉛が反応し、硫酸鉛を鉛極板に
付着する状態をいいます。
当社では従来の延命装置より早く効果が現れるよう、新しい 鉛バッテリー活性化装置
(特願2010-188043)を開発し、四国電力・中部電力・ 海上保安庁など官公庁に
納入実績を持っております。

パルスビーム導入費用対効果
フォークリフトに装着した場合の費用対効果試算
フォークリフトは、一般的に48Vの電源を使用しており、
「稼動時間」「バッテリー液の補充状況」によりますが3年~5年 で
バッテリー交換を行なっている企業が多いです。
★バッテリー購入時より~4年程度が最適です
(導入時期が遅くなった場合、バッテリー本体の劣化が激しくなり、延命期間が短くなる恐れが有ります)
★前提条件:交換サイクル5年、新品に交換した場合と
 活性化装置を装着した場合を比較。
 
  パルスビーム48Vを装着  3年延長
使用期間延長することによる費用対効果
3年延長 \180,000 - \42,000 = \138,000/年削減 累計 \414,000 削減
4年延長 \180,000 - \31,250 = \148,750/年削減 累計 \595,000 削減
5年延長 \180,000 - \25,000 = \155,000/年削減 累計 \775,000 削減
※・年額費用は、使用年数で総費用を割り算しております。
 ・バッテリー使用条件等により延命期間は異なりますので御了承願います
 ・いかなる場合においても、バッテリー本体の保証は対応致しかねますので御了承下さい。
COPY RIGHT (C) 2011 MELMO.CO.,LTD